失敗しない白髪染めの選び方

ロゴ
トップページ
<きれいに染め上げることができます>
白髪染めは自分の白髪の量に合わせて選ぶのがベストです。 同じ色のヘアカラーを使っても、自分の白髪がどれくらいあるかでその仕上がりがかなり違ってくるからです。 白髪の量が少ない時は、染めると黒っぽく暗い仕上がりになります。 逆に量が多い時に染めますと、はっきりとした色が出て明るく仕上がります。 このため、白髪の量を考えて白髪染め おすすめを選ぶ必要があるのです。 特に初めて使うときはそれほど白髪の量が多くないことが考えられますので、理想的な仕上がりの色よりも1段階明るめのものにした方が失敗せずに済みます。 染める時は一旦暗い色にしてしまいますと明るい色に修正するのが難しいため、最初から明るめの色のものを選んでおきましょう。 ヘアカラーの染まり具合は髪の質によっても違ってきます。 髪の毛がやわらかい人はイエロー系のものが染めやすく、仕上がりも綺麗になります。 その一方で、レッド系のヘアカラーを使いますと赤く染まるものの、染めた色が長持ちしない傾向が強くなります。 一方、髪の毛が硬い人がイエロー系を使いますとなかなか白髪が染まらず、白髪の色が浮いて見えがちです。 しかしレッド系を使用して染めますと、白髪、黒髪ともにカラーがよく馴染むため、きれいに染め上げることができます。 硬くもやわらかくもない普通の毛髪の場合はヘアカラーのパッケージに表示された通りそのままの色に染められます。 白髪染めは室温によっても仕上がりが違ってきますので、メーカーが指定している20〜30度の室温の中で使うように心がけましょう。

<トリートメントタイプの白髪染めを上手に使いこなす方法>
白髪が出始めの方に人気の白髪染めにトリートメントタイプがあります。 しかし、上手に使えば量が増えていってもトリートメントタイプだけで十分に事足ります。 トリートメントタイプの白髪染めのデメリットとしては、すぐに白髪が染まらないところだと言えます。 染まりやすいタイプと染まりにくいタイプの差ではなく、どの商品も徐々に自然な感じに染めていくので時間が掛かるのです。 大きなメリットとしては、毎日のシャンプー後に使用をするので、面倒臭さを感じさせないところです。 最近の商品は植物成分や海藻成分を使用しているものが多く、肌に大きな負担を強いることもありません。 商品によって染める時間は違いますが、トリートメント時間は10分前後であることが多いです。 シャンプーの後に白髪染めトリートメントをし、置いている間に体を洗ったり顔を洗ったりしていればすぐに時間はたちます。 毎日の使用なので白髪の根元が目立つこともありません。 泡タイプやクリームタイプの白髪染めは期間を開けなければならないので、新たに生えてきた白髪が目立ってしまいます。 トリートメントタイプは染まらないと思っている方も多いのですが、置く時間が短くて染まらないことがほとんどです。 染まらないと思われている方は、置く時間を必ず守ってください。 塗りムラが出ないので、奇麗な髪を演出できます。 数えられる白髪の本数の方・放っておくと白っぽさが目立ってしまう方に向いているので、全体が白くなっていなければ長きに亘って利用ができます。


Copyright(c) 失敗しない白髪染めの選び方. All right reserved.